狼牙志士隊の日誌

イズレーン皇国所属・狼牙志士隊の日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・無言の叫び-返信

許可を頂いたので、続き書いてみました!(゜Д゜)

レオル殿に出演して頂いたので、口調やらに
若干の不安が…(´・ω・`)




…閉ざされた窓を叩いて、一分ほどして。
閉ざされていたカーテンがシャッと音を立てて開かれ、
窓が開いた。

その中から顔を出した赤髪の少年は、
不審そうな顔でこちらを見てから、一言。

『…何か、用?』

そう言った。
あまりにもレオルらしい物言いに、俺は声を殺して笑った。


【続・無言の叫び-返信】


「…呼び出したのは、そちらだと思ったが?」

『…別に、呼んで…ない』

「そうか。ならば、勝手にお邪魔するとしよう」

こう返してくるのは想定内。
レオルの言葉に、俺は足甲を外してから、
半ば強引に部屋の窓枠を乗り越えて、中に入る。
レオルも避けて道を開けてくれたから、拒絶はされていないようだ。

「楼華が料理を作ってくれたのだ。
 …寝付けぬのであれば、腹を満たそう」

ニッと笑ってそう言うと、レオルはあからさまに
呆れたような顔をしてみせた。

『…夕飯、食べたんだけど…』

「食えるだけで良いさ。腹が満ちれば、眠気もくる。
 …それでも眠れぬのであれば、俺が添い寝して、
 子守唄でも歌ってやろう」

『…それ、誰かさんの真似?』

「ふふ…少し似ていただろう?」

『…狼厳には、似合わない』

そう言って顔を見合わせてから、互いに声を殺して笑う。
きっとヴィンス殿もセリカ殿も眠っているのだろうから、
あまり騒ぐわけにもいくまい。

そして、レオルの部屋には少し不釣合いな、可愛らしい
タッパーに詰められた料理を置いていく。
開けた途端にふわっと美味そうな匂いが部屋に満ちる。

『…美味しそう』

「だろう?楼華の料理だからな。
 さ、食おう食おう。食わないと俺が平らげてしまうぞ」

言うが早いか、俺はおにぎりにひょいと手を伸ばす。
ここに来るまでの間と、窓の外にいる間。幾度となく
襲ってきたつまみ食いの欲求に耐えたのだ。
喜びも美味しさも一入だ。

『…頂きます』

何だかんだ言いつつ、レオルもおにぎりを頬張り始めた。
おにぎりも楼華のお手製だ。俺の握るものとは、
また違った美味さがある。





何気ない雑談をしながら、大半は俺が平らげたが、
レオルも少し料理を食べてくれた。
来た当初に見受けられた震えは、止まっているようだった。

「ふう…美味かったな」

『うん…ご馳走様』

食べ終えたタッパーを片付けていると、レオルが
小さく欠伸をした。

「…眠れそうなら、ベッドに行くと良い」

『…ん…うん。……』

少し眠そうに目を擦りながら、レオルがベッドに向かう。
俺はそれを見送り、ベッド脇に椅子を運んで、そこに腰掛けて
レオルの頭を撫でる。

こうしていると、本当に年相応の少年だな、と思う。
…本人に言えば蹴られそうだが。

「眠れるまで傍にいてやろう。ゆっくり休め、レオル」

『…子供…あつ…かい…しな……』

反論する言葉が、そのままフェードアウトする。
よほど疲れが溜まっていたのか…あっという間に
眠ってしまった。

「…勝手だが…今日はこのまま、ここに泊まらせて貰うぞ…。
 …困った時には、俺達がいる。それを忘れるなよ、レオル」

眠ってしまったレオルに、そう声をかける。
俺では上手く言葉では説明できない。
こうして行動で示して…安心させるしか出来ない。

こういう時、シュヴァリエ殿なら上手くやるのだろうなと
思いながら、俺は部屋の片隅に座り、目を閉じる。

明日…帰ったらきっと、事情を知らないセルヴィスあたりは
怒っているのだろうな、などと思いながら、俺もすぐに、
夢の中へと旅立っていった。
スポンサーサイト

Comment

 

素直じゃない可愛くない不器用って部分が非常にそっくりです。
狼厳さんまじいけめん。
一緒に部屋で寝たと分かったらセルちゃんに殺されちゃう……!

乗りにくい題材だっただろうに、乗って頂いてありがとうございましたっ(ぺこり)
  • posted by X 
  • URL 
  • 2013.02/03 08:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

X殿>
素直じゃないところがまた可愛いのですよ!(マテ
その後、朝帰りした狼厳はセルヴィスに正座させられて
説教を食らったのでした(´・ω・`)

いえいえ、こちらこそ有難うございましたー!
楽しかったです(´∀`)
  • posted by 侍 
  • URL 
  • 2013.02/03 11:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>>『…狼厳には、似合わない』
確かに某薔薇背負ったアホ男がやるならいいけど
ストイック侍がやるには少々問題が…!

全員が違うからいいんだろうなあ
人によって捉え方はそれぞれだしそういうのを見れるのはいいね
つまみ食いしなかった狼厳はえらいと思うんだ

半分以上食ったとしても…どれくらい食ったのか分からんけど!

続編良い物を見せてもらった(*´∀`)フフフ
  • posted by 皇帝 
  • URL 
  • 2013.02/03 23:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

皇帝殿>
ふふふ…しかし、そのうち書く予定の
我が隊の2人に対するどS狼厳は、シュヴァリエ殿サイドのように
行動するかも知れませんよ!(ぇ

こういうのも楽しいですなー!
またやりたいです(´ω`*)
つまみ食いはグッと堪えた…理性頑張った!

狼厳:レオル=9.5:1くらいな感じです(゚д゚)(ぇ
  • posted by 侍 
  • URL 
  • 2013.02/04 00:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

狼厳

Author:狼厳
狼牙志士隊筆頭

最新記事

くろックCute BC01

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。