狼牙志士隊の日誌

イズレーン皇国所属・狼牙志士隊の日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛模様-3

第三弾!

続きはまだ書きためていないのです…!
ここからどうしようかなー(´・ω・`)

ちなみに書いてて一番恥ずかしかったのはこの回です!


セルヴィスが悶々とし、
ウォルフガルドがセルヴィスの予想通り
腹黒い笑みを室内で堪えている頃、
楼華は楼華で、自室の中で本と格闘していた。


【恋愛模様-3・楼華】


「…狼厳さん、どんなチョコがお好きでしょう…」

ポツリと漏れた一言。
無意識に溢れてしまった言葉に、私は頬が熱くなるのを感じた。
けれど、それは大分前から自覚していた気持ち。

戦場で先陣を切る狼厳さんが、頼もしいけれど心配。
敵を倒す姿には、思わず見惚れて矢を射るのを忘れてしまいそう。
美味しそうにご飯を食べてくれるのが嬉しい。
…ちょっと量は控えて欲しいけれど。

気付けば私は、いつも狼厳さんを目で追っている。
きっとウォルフさんは、私の気持ちに気付いている。
セルヴィスさんは…どうだろう。
狼厳さん並に鈍そうだから、気付かれていない…と思いたい。
…でも、セルヴィスさんは何となく、狼厳さんに気がありそう。

「…はぁ…」

自然と漏れる溜息。

後方から援護するしかない私。
隣に立ち、時に彼を、彼の仲間を守れる彼女。

家事くらいしか出来ない私。
狼厳さんと真正面からぶつかって、意見を交わせる彼女。

もし勝負になったら…勝てるのだろうか。
そんな事を考えると、ちょっとだけ気が重い。

「…考えていても、仕方ない…ですね。
 …本命は恥ずかしいけれど…チョコを渡すくらい、普通でしょうし。
 …作ってみよう、かな」

こうして、考えるより行動、というのは、彼に影響されたんだろうな、と
思って少し笑ってしまう。
材料は…カカオ豆がないし、市販のチョコを溶かそう。
頭の中でレシピを考えながら、私は部屋を出た。
スポンサーサイト

Comment

 

>>美味しそうにご飯を食べてくれるのが嬉しい。
…ちょっと量は控えて欲しいけれど。

エンゲル係数高すぎる故にぽそっと楼華ちゃんの本音が!

いやー…(ニヤニヤ)
恋愛できるって素晴らしいな(ニヤニヤ)
続きはまだです?

シュヴァがこの関係に気付いたら
すげーにやっとしていじりそう(*´p`)
  • posted by 皇帝 
  • URL 
  • 2013.01/14 13:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

皇帝殿>
ふふふ、エンゲル係数は楼華の悩みの種なのですよ(゚д゚)

続き書きましたよ!
そしてシュヴァリエ殿ならこう反応するであろうという
反応を5話に書いております!(゚д゚)
  • posted by 侍 
  • URL 
  • 2013.01/14 14:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

狼厳

Author:狼厳
狼牙志士隊筆頭

最新記事

くろックCute BC01

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。