狼牙志士隊の日誌

イズレーン皇国所属・狼牙志士隊の日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪夢と悲鳴-After4

これで本格的に締めです!

3まではセルヴィス視点でしたが、今度は
狼厳視点…!

後日譚的な。
X部隊さんのお2人にご出演頂きました!
ノーギャラです(゚д゚)(何


時期的にレオル殿、と呼称しております。
中盤戦以降では呼び捨てになっております!(゚д゚)



セルヴィスに説教を受け、楼華から心配したと叱られ、
爺様に腑抜ける暇があれば鍛錬に励め、と諭された翌日。

俺は楼華手製のクッキーを詰めたバスケットを手に、
レオル殿の部隊の宿舎に訪れていた。

セルヴィスも何か作ろうか、と言っていたが、
怪我人に毒物を食わせてどうする、と真剣に言ったら
思いきり殴られた。
お陰で左頬がまだ少し痛む。

コンコン、と戸をノックする。
パタパタと軽い足音がして、戸を開ける。
足音から察するに、セリカ殿だろう。

『は~い、どちら様…あ、狼厳兄様…いらっしゃい!』

「こんにちは、セリカ殿。レオル殿はご在宅かな?」

『ん…おお、狼厳か。悪いな、レオルの奴は今、シュヴァリエん所に挨拶に行っててな』

来客に気付き、奥からヴィンス殿も顔を覗かせる。
そちらに一礼すると…ふと、セリカ殿の視線が俺の手に注がれているのに気付く。

「と、そうそう。楼華が見舞いにと、クッキーを焼いてくれたのだ。
 良ければ皆で食べてくれ。俺も試食で1つ貰ったが、かなり美味かったぞ」

そう言ってから、先程からこれが気になっていたらしい
セリカ殿にバスケットを手渡す。
かすかに漂う甘い香りに顔を綻ばせているあたり、やはり年相応の
女子なのだなと思い、こちらも顔が綻ぶ。

『悪いな、わざわざ』

『狼厳兄様、有難う!楼華姉様にもお礼、伝えておいてね!』

「ああ。では、突然邪魔してすまなかった。レオル殿にはお大事に、と
 伝えておいてくれ」

そう言って、俺は宿舎を後にする。
…が、その背中に、ヴィンス殿が再び声をかけた。

『…聞いたぜ。お前も夢見の森、行ってくれたんだってな。
 レオルに代わって礼を言う。あいつを助けてくれて、ありがとな』

『あ…私からも、ありがとう!シュヴァリエ兄様と狼厳兄様が
 行ってくれなかったら…お兄ちゃん、どうなってたか…』

「…俺は何もしていないさ。…出来なかった。森の力を打ち破ったのは、
 レオル殿の力に他ならない」

2人にそう答えて、内心で苦笑する。
セルヴィスにはああ言っておきながら、未だ心のどこかで、
あれを引きずっている自分がいるのだな…と。

『そんな事ないよっ!』

そんな俺に、セリカ殿がそう声をかけた。
必死な声だ。…今まで聞いた事がないほどに。

『えっとね…上手く言えないんだけど。1人では出来ない事って、あると思うの。
 それを出来るようにするために、力を合わせるのが…仲間で、戦友…でしょ?』

『…そうだぜ、狼厳。お前に出来ないなら、シュヴァリエがいる。
 お前達2人にも出来ないなら、レオルもいる。
 1人より2人、2人より3人。力を合わせれば、越えられなかった壁も、
 越えていける。…それを一番知ってるのは、お前じゃないのか?』

敵だった奴も友達にするなんて芸当、不安でそうは出来ないぜ、とヴィンス殿は続けた。


…ああ、俺はバカだな。
こんなにも素晴らしい、仲間と友に恵まれているというのに。
何を思い上がっていたのだろう。

英雄を目指す、その事に集中しすぎて…後ろを見ていなかった。
俺の背中を支えて、時に隣を共に歩いてくれる、
数多くの仲間が、友が、ライバルが、そこにいるというのに。

「…そう、だな。…有難う、セリカ殿、ヴィンス殿」

そう言って微笑んだ俺に、2人も満足げに笑った。

手を振って立ち去る俺を見送ってくれる2人。
その姿に心の中でもう一度深い感謝を述べてから、俺は屋敷に戻った。

…帰ったら、まずは皆に礼を言おう。
足取りは、自然と軽くなっていた。
スポンサーサイト

Comment

 

わーい、うちの子たちがいる……!ありがとうです!
全部纏めて読ませて頂きました(*´∀`)
狼厳さんがイケメン侍だと……!?(←)

中盤戦以降から呼び捨てです、えへへ。
こちらは時間軸は特に意識してないけれど、次からSSでも呼び捨てにしようそうしよう……。
意識したものだけ変えよう、うん!
  • posted by X 
  • URL 
  • 2013.01/13 21:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ふふふーシュヴァリエ殿のところでレオル殿が出てたので、
ならばうちは2人を!と思ってご出演頂きました(゚д゚)
私はいつもイケメン侍ですよ!(`・ω・´)(キリッ

ふふふー仲間意識というか、戦友!という感じで
嬉しいのです。
近々シュヴァリエ殿もシュヴァっちと呼ぼうか画策中。
…嘘です、普通に呼び捨てです((( ;゚Д゚)))
  • posted by イケメン(仮)侍 
  • URL 
  • 2013.01/14 00:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

>>近々シュヴァリエ殿もシュヴァっちと呼ぼうか画策中。

おい、それ俺が見てるとこで言ったら無意味だろう!w
ただそう呼ばれたら短剣が振り下ろされるやもしれんな
ダイスロールだから外れるかもしれんしクリティかる(敢えて)かもしれんし
  • posted by 皇帝 
  • URL 
  • 2013.01/14 00:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

皇帝殿>
く…計画が知られたか!(何

シュヴァリエ殿のダイス運なら、
きっと外れた上にご自分に魔法が跳ね返る…!(゚д゚)(マテ
  • posted by イケメン(仮)侍 
  • URL 
  • 2013.01/14 00:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

狼厳

Author:狼厳
狼牙志士隊筆頭

最新記事

くろックCute BC01

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。