狼牙志士隊の日誌

イズレーン皇国所属・狼牙志士隊の日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白銀の髪の少女

今回ちょっとした、他の部隊の現在未登場のキャラ様との
人間関係を結ばせて頂く事になったので、その記念のSS。

許可は頂いておりますのよ(゚д゚)


やや甘注意?



刻碑暦998年・2月。

その月、狼厳は楼華とセルヴィスからの義理チョコを始め、
色々と世話になっている方などからチョコレートを
頂いたりしていた。

その大半は義理であるものの、大食漢である狼厳は
それらを有難く頂き、胃袋を満たしていた。


【白銀の髪の少女】


「では、今日の鍛錬はこれまでとする」


現在、刻碑暦998年・5月。
狼厳はいつものように、公務の一環として
皇国軍の新兵の指導に当たっていた。

この時期は、何度も経験した事ではあるが、
日増しに戦が激しくなっていく。

それらに耐えうる兵を育てるのも、将である狼厳の
務めの1つであった。


既に夕刻。兵の指導を終える頃には、狼厳の腹の虫が
栄養を求めて腹の中で暴れ回っていた。


(…そういえば、昼は握り飯を3つ食べただけだったな…。
 流石に腹が減った…)


軽く腹を擦ってから、狼厳は自宅で待つ楼華の料理を想像し、
再度腹の虫を鳴かせる。

後片付けを済ませて、帰りの時刻に合わせて迎えに来た
レインに乗って、自宅への帰路に就く。


「いつもすまないな、レイン」


レインの背に揺られながらそう声をかけると、
『気にするなよ』とでも言いたげに、「キュイ」と
レインが一声鳴いた。
その首筋を撫でてやっていると…ふと、イズルミの
人波に紛れて、見慣れた後姿を見た気がした。

白銀の、流れるような長髪。

だが、彼女は帝国の所属。
こんな場所にいるわけもないし、目の錯覚であろう。

狼厳はそう思い、それ以上は気にせずにいた。







「む、戻ったか、狼厳にレイン」


自宅に着いた狼厳を出迎えたのは、ウォルフガルドだった。
最近は前線に立つ機会もまた増えてきたので、
鍛錬でもしていたのだろう。


「ただいま、爺様。…む、それはどうした?」


レインから降りてウォルフガルドに歩み寄ると、
その手が不釣合いなものを持っているのに気付いた。

可愛らしく包装された、四角い箱である。
よく見れば封筒もついている。手紙の類だろうか。


「ああ、なにやら銀髪の少女が訪れて来てな。
 これをお前に渡して欲しい、と。…またどこぞの
 村娘を無意識に誑かしたのではあるまいな?」


からかうように言いながら、爺様が俺にその包みを手渡す。
それを受け取り、手紙を見ると、
『狼厳へ』と見慣れた文字が記されていた。


「…あいつか」


これがあいつからの贈り物であるとすれば、
恐らく中身はあれであろう。

爺様に礼を言ってから自室に戻り、包みを開けると、
中には想像どおりチョコレートが幾つか入っていた。
少し不揃いだが、きっと手作りなのだろう。

それを1つ頬張りながら、手紙の封を開ける。


『狼厳へ。
 遅くなってすまない。バレンタインという風習を
 2月に知って、作ってみたんだけど間に合わなかった。
 気に入ってくれると嬉しい。
 また皇国に寄る機会があったら連絡する』


このように書かれた手紙に顔が綻ぶのを感じ、
3ヶ月遅れのホワイトデーはどうしてやろうかと
考えながら、狼厳は少し不揃いな、しかしとても甘く
美味しいチョコレートを平らげた。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

羨ましい!羨ましいぞー!!
ほんと、狼厳殿はモテモテモテリングですな…!

むふふ、今後が楽しみです(ФωФ)ムフフ
もしよければ絡ませてね(オイ
  • posted by 侯爵 
  • URL 
  • 2013.06/25 18:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

侯爵殿>
ふふふ、狼厳くんは良い感じであります…!

絡み!是非是非大歓迎でありますよー!(゚д゚)
  • posted by 侍 
  • URL 
  • 2013.06/25 20:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

狼厳

Author:狼厳
狼牙志士隊筆頭

最新記事

くろックCute BC01

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。