狼牙志士隊の日誌

イズレーン皇国所属・狼牙志士隊の日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狼牙志士隊の歩み・第三歩

我が家の公式設定シリーズ、第3話です(゚д゚)

今回は我が隊の最初のメンバーである、ピピン君を
迎えたときの話!





イズレーン皇国に仕えるようになってから、一週間。
幾度かの魍魎退治で功績を挙げたからか、近いうちに遊撃隊を
任されて貰える事になった。

そんな折、社に一件の依頼が届いた。
街道に時折出没する野盗を捕らえて欲しい、というものだ。

死傷者が出た事はないそうだが、優れた弓の使い手で、
当たるかどうかのギリギリのところを弓で射て威嚇し、食料などを奪うのだそうだ。


『どうだ、狼厳。この件、任せて良いか?』

「…はっ。御大将の仰せとあらば」


その依頼を聞いた御大将は、俺にこの件を任せてくれた。
その信頼には、応えねばなるまい。
俺は早速、野盗が出るという街道に赴いた。


【狼牙志士隊の歩み・第三歩-弓使いの少年】


「この辺りのはずだが…」


護衛に兵士を数名つけようか、とも言われたのだが、断った。
武装した兵士が、数人とは言えまとまって行動していては、
賊が警戒して現れない可能性もある。

そのため、俺は1人で賊が出ると報告のあった地域を
うろついていた。





少しすると、茂みの方からガサッと音がする。
俺がそちらの方を見ると同時に、俺の頬を掠めるか掠めないかの
ギリギリのところを、何かが飛んでいく。

振り返ると、すぐそこの木に突き刺さっている、
木を尖らせて作ったと思われる矢。


『…全然動揺しないね、お兄さん。気付かなかったかな?』


木に突き刺さった矢を抜いて観察していると、茂みの奥から
何者かが姿を現した。

見たところ、10代前半だろう。
水色の綺麗な髪に、端正な顔立ち。
一般的に言う、美少年というやつだ。

しかし、それらを損なってしまう、泥まみれの衣服。
それすらもズタボロになっていて、一目見れば食うに困っているのが
容易に想像できる。


「お前が、最近巷を騒がせている賊か。悪い事は言わぬ、投降しろ。
 このような事をしていては、そのうち罰が当たるぞ」

『ふん、罰なんてあるもんか。さぁ、大人しくお金と食べ物を
 置いて行って貰うよ。でないと、ちょっと痛い目に遭って貰うから』


俺の言葉をさらりと受け流して、少年が弓を構える。
このような子供に刀を向けるわけにもいかない。
俺は腰から鞘をつけたまま刀を握ると、それを中段に構えた。


「そうまで言うなら、良いだろう。来い」

『舐めてるの?僕の弓を甘く見てるようなら…本当に、
 怪我じゃすまないかも知れないよ?』

「ふん…なんだ、人を射るのが怖いのか?」

『…後悔しても知らないからね』


俺の言葉にムッとしたように口を尖らせ、少年が弓を引き絞る。
そして…指が離れ、矢は正確に俺の足を狙って飛来した。
それを、俺は鞘付きの刀で叩き落す。

一瞬驚いた顔をした少年だったが、すぐさま次の矢を番えて、
俺に向けて射る。

が、一対一、面と向かって矢を放っているのだ。
狙う場所はおおよその見当がつくし、動体視力は良い方だ。

放たれる矢を全て叩き落としていくと…
やがて、少年の矢が底をついたところで、俺は少年に歩み寄った。


「…さて、これでもう抵抗は出来まい?」

『…お兄さん、何者なのさ…』

「俺はイズレーン皇国の兵士だ。お前を捕らえるよう、ここに派遣された」

『…っ』

「…が、お前の腕、このまま腐らせるには惜しいな」

『…え?』


一瞬身構えた少年に、ニヤリと笑って俺は続けた。
問答無用で捕らえられると思っていたのだろう、少年は
呆気にとられたような顔をした。

近々俺が任される事になる、遊撃隊。
この弓の腕があれば心強い。


「お前の身柄は、俺の小隊で預かる事にする。
 食事も…まぁ、簡単なものくらいなら俺が作ってやるし、
 雨風を凌げる場所も用意しよう。悪くあるまい?」

『え…ちょ、何を突然!?僕、宮仕えなんてヤだよ!?』

「案ずるな。我が隊は遊撃部隊として組織される予定だ。
 堅苦しい礼儀などは気にしなくて良い。
 …何より、俺はお前が気に入った」


その後も色々と不満を言う少年―ピピンを宥めながら、
俺は社に戻った。

ピピンは、戦災孤児らしい。
頼るアテもなかったが、昔から弓だけは得意だったので、
それを活かして傭兵をやろうとしたが、子供だからと
取り合って貰えなかったので、自棄になって野盗をしていたという。

我が隊に支払われる給金を些か前借りして、損害を被った方々への
賠償を済ませてから、ピピンは正式に我が隊の一員となった。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

狼厳

Author:狼厳
狼牙志士隊筆頭

最新記事

くろックCute BC01

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。