狼牙志士隊の日誌

イズレーン皇国所属・狼牙志士隊の日誌

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生死の狭間で

何となく書いてみたくなったシリーズ。

狼厳がやられてしまった!というシチュエーション(゚д゚)

4話+後日譚くらいの予定です…!
密かに乗って下さる方を募集してみたシリーズです(貴様




月も星も黒雲に覆われた、黒一色の夜空の下。
光明之太刀の輝きが、狼厳に振るわれるのに合わせて
束の間、闇を斬り裂く。

草木も眠る丑三つ時に、響き渡る剣戟。
幾度か甲高い音を奏でた後、狼厳の太刀が相手の首を刎ねる。

が、相手は倒れる事なく、サァッ…と灰と化す。
クローン特有の現象だ。

撃退したクローンの数は、優に二桁は超えている。
それでも、狼厳は息切れすらせず、淡々と敵を葬っていく。


『ははは、流石は天穿狼牙。量産型のクローンでは、
 体力を削る事すらままなりませんねぇ』


剣戟が止み、生温い風が吹く。
その風を浴びなから、科学者風の男が楽しそうに笑う。

その男は、かつてレオルを攫い、シュヴァリエ・シプラ・狼厳を
相手にして戦い、逃走した男であった。
後のジョゼットの調査で、腕利きの魔導学者である事と、
彼自身はクローンであり、何体も存在する事が判明している。


「…この程度の手勢で俺の前に出てくるとは、良い度胸だな。
 俺の友を狙った報いだ…貴様は、俺の手で斬り刻んでくれよう」


周りにクローンがいなくなったのを確認して、狼厳は刀の切っ先を
科学者に向けて言い放つ。

が、科学者は余裕の笑みを崩さない。
むしろ、ニヤリと、より不敵に笑ってみせた。


『おやおや、これは恐ろしい。
 …では、こちらも切り札を出すとしましょう』

「ふん…小賢しい。まとめて斬り捨てるまでよ!」


一気に間合いを詰める狼厳。
それに対抗するように、科学者が手を掲げると、
新たなクローンが物陰から現れ、狼厳を迎え撃った。


【生死の狭間で】






狼厳が消息を経ってから、2日。
時折友の所に出向いて、そのまま泊まる事もある。
儂も楼華もセルヴィスも、あまり気にしていなかったのだが、
一通の手紙で事情が変わった。

差出人は不明。
中に入っていたのは、所々が朱に染まった紐と、ぼろぼろの布切れ。
それと、『ヴァルトリエとの国境付近の廃屋』の一文字だけが書かれた手紙。

…が、それが何であるのかは、すぐに分かった。
この紐は、狼厳が髪を縛るのに使っているものだ。
この朱は…恐らくは、血であろう。
この布切れは、儂と楼華が、狼厳の功績が評価された祝いにと
贈ったもの。

どちらも、この世界に1つしかない代物。
狼厳の物であるのは確実だった。


「…狼厳が、捕らえられたというのか…」


セルヴィスが、信じられない、という面持ちで呟く。
それはそうであろう。儂とて小僧が不覚を取るなど、並大抵の事とは思えぬ。
楼華は少し青ざめた様子だが、平静を保とうと、深呼吸をしていた。


「と、とにかく…ヴァルトリエとの国境付近に行きましょう。
 早く助け出さないと…!」

「待て。狼厳が遅れを取る相手だ、儂らだけでは分が悪い。
 …援軍を頼もう。電信を打っておく」

「そうだな…場所は特定できぬが、国境付近と言えば範囲も限られる。
 皆に事情を説明し、助力を請おう」


各々武具を用意し、傷薬の類も携帯できるだけ携帯して、
電信を送った。

-----
発信元:ウォルフガルド

発信先:

本文:狼厳が行方不明。重傷を負った上で、
   ヴァルトリエ国境付近にて、敵に捕らえられている可能性大。
   可能であらば、助力を乞いたい。
-----

電信が滞りなく発信されたのを確認してから、儂はセルヴィスと楼華を率い、
屋敷を発った。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

狼厳があの変態に捕まった…だと…!?
これはこっちが完結してから乗るしかないな(行き違いが出そう)

続き待機っ(スチャ)

そういやいつぞや
『アグレッシブな入退室はしませんな!』
って言われたけど、俺破壊癖ないから!ないから!←

紳士らしく大人しく気配なく入るのだよ(
  • posted by 皇帝 
  • URL 
  • 2013.03/24 01:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ろーがんさぁぁぁんっ!(扉蹴破り)

見境の無い変態め!もうあいつの名前変態でいいよ!
変態の目的が気になるところです。

シュヴァさんの分も念入りにガシャーンしてあげようねぇ(←)
  • posted by X 
  • URL 
  • 2013.03/24 01:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

皇帝殿>
ヒャー!コメント有難うございます!(゚д゚)
普通に入ってきた…だと…!?

Σ気配なくですって!?
段ボールの中に入って侵入してくるのですね、
分かります。ス〇ーーク!(`・ω・´)

X殿>
==【蹴破られた扉】))Д´) ギャーース

変態が名前とは可哀相です!?
せめてイタンヘ=ラバ伯爵とかに!(何

ふふふーとりあえず3話の途中までは書けたのです…!
とりあえず3話で一区切りして、後日譚的な
流れになりそうです!(゚д゚)
  • posted by 侍 
  • URL 
  • 2013.03/24 02:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

狼厳

Author:狼厳
狼牙志士隊筆頭

最新記事

くろックCute BC01

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。